最近では、パパの育児参加が浸透しつつあります。
パパの育児は、ママと赤ちゃんばかりでなく、パパ自身にとっても大きな意味があるのです。
赤ちゃんとの時間、赤ちゃんの無邪気な笑顔が明日への活力になるはずです。
パパ自身が、赤ちゃんからたくさんのことを教わるかもしれません。

妊娠中からパパの育児は始まります。

おなかにいる赤ちゃんに声をかけたり、ママに代わって家事を行うことも立派な育児です。
赤ちゃんが生まれたら、たくさんスキンシップをとってみましょう。
初めは、泣かれたり怪我をさせないかとおっかなびっくりかもしれませんが、少しずつ接し方が分かってくるはずです。
子どもと接することで、子どもとの絆が生まれ、パパはパパになります。
ぜひ、子育ての時間を楽しんでください。

妊娠中の子育て

妊娠期間は男性が「パパ」として育っていくための大切な準備期間です。
ママのお腹をさすったり、お腹の赤ちゃんに声をかけてあげてください。
また、妊娠によってママの心身には大きな変化があります。
家事を分担したり、ママの身体をいたわることも大切な育児です。

我が家に赤ちゃんがやってきた

待望の赤ちゃんがやってきたら、ぜひ、積極的に関わっていきましょう。
スキンシップによって、パパと赤ちゃんはお互いに慣れていきます。
オムツを替えたり、お風呂に入れることも大切ですが、赤ちゃんに微笑みかけることや、おもちゃで遊ぶなどのコミュニケーションの時間も楽しんでください。

イクメンパパのすくすく育児

ハイハイからよちよち歩き・・・子どもの世界はどんどん広がっていきます。
なんにでも興味津々、よりパワフルになっていきます。
そんなときこそパパの出番です。
パパの大きな身体は格好の遊び場です。
毎回とはいかないかもしれませんが、どっしりと子どもの体力と好奇心に付き合ってあげてください。