「あっ!」こんなものを飲んじゃった…。

食物以外の物を誤って口から摂取することを「誤飲」と言います。
誤飲で多いものは「たばこ」「硬貨」。次いで、「医薬品」「化粧品」「洗剤」「文具」などがあります。

飲んだものによって対応に違いがあります。
飲んだものを正確に把握し、直ちにかかりつけの医師か、119番に電話しましょう。

また、下記のように「電話サービス」により情報提供もしています。

中毒110番・電話サービスの利用方法

財団法人日本中毒情報センターが行う中毒110番は「化学物質(たばこ・家庭用品など)」「医薬品」「動植物の毒」などによって起こる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限定し情報提供しているものです。(通話料は相談者の負担となります。)

【大阪中毒110番】072-727-2499 365日 24時間対応
【つくば中毒110番】029-852-9999 365日 9~21時対応
【たばこ専用110番】072-726-9922 365日 24時間対応

中毒原因物質の特定は重要です

商品等を手元にお持ちの上、電話しましょう。

何よりも、誤飲事故防止が大切です

お子さんの目のつく場所、手の届く場所に危険な物は置かないようにしましょう。
チャイルドロックなども活用して、保管の工夫をしましょう。
お子さんは大人が想像しないような、危険な遊び方をすることがあります。
おもちゃの遊び方など日頃から大人が注意することも大切ですね。

「窒息!」・・・。

気管支に異物が入ると「窒息」します。
気道が3~6分間閉塞されると死亡することもあります。
窒息の原因になった食べ物として、ピーナッツなどの豆類、丸い飴、ぶどう、プチトマト、こんにゃく入りゼリーなどが報告されています。

食べ物による窒息事故を防ぐために

乳幼児は食べ物による窒息がおきやすいので、その予防や応急手当について知っておくことが必要ですね。
あおむけに寝た状態、歩きながら、遊びながら物を食べさせない。
食事中にびっくりさせるようなことはしない。
そして、食事の際はなるべく誰かがそばにいて注意してみていましょう。
また、年長の子どもが乳幼児に危険な食べ物を与えることもあります。
注意しましょう。

万が一、つまってしまったら

窒息の場合、急を要します。
119番通報を誰かに頼み、ただちにつまった物を除去します。

応急手当

のどが詰まって窒息状態のとき

背部叩打法

片腕に乳児をうつぶせに乗せ、手のひらで顔を支える。
頭を体より低くして、もう片方の手のひら基部(手首に近い部分)で背中の真ん中を数回強く叩く。

腹部突き上げ法

乳児を上向きにして頭を下げ、人差し指と中指で胸の真ん中を上に向かって数回強く圧迫する。